様々なデリヘルの歴史とプレイ内容

数多くある風俗の中で、一番面白い風俗と言ったらやはり「デリヘル」なのではないでしょうか?
デリヘルは、まだ出来てから10年ほどしか経っていませんが、急成長して現在では風俗産業の稼ぎ頭となっています。男の楽園とも言われるデリヘルですが、そのジャンルは多くあり、様々な性癖を満たすことが出来ます。
まずは自分の性癖を解消してくれそうなデリヘルを当サイトで選んでみてください。ファッションヘルスでは、女の子が全裸になって性的サービスをしてくれます。
フェラやパイズリ、素股などのサービスで、最終的に射精までさせてくれますが、もちろんヘルスでは本番はできません。
デリヘルとは、「デリバリーヘルス」の略称として世間に認知されています。
「ヘルス」があって、それを「デリバリー」(派遣)するという意味となります。

 

最近のデリヘルでは、若くてキュートな女の子が多く働いており、全体的な容姿のレベルが上がっています。
もちろん熟女や人妻などといった女性も在籍しているので多くの男性の欲望を実現させることが出来ます。



様々なデリヘルの歴史とプレイ内容ブログ:2021年03月27日

中学校の入学式の日、
ミーは制服を着て、小学校のグラウンドに集合しました。

地元の公立中学に入学するので、
ありきたりの制服なのですが、
それでも少しオトナになった気がして嬉しかったものです。

ミーには特段の想いもありました。
年末に、親父が入院し、紙一重の幸運で生還したのですが、
まだまだ本調子ではなかったと記憶しています。

親しかった何人かの友人のうち、
既に母親が亡くなっていた友人もいたし、
ミーの親父と同時期に病に倒れ、
後に闘病の果て親父が他界される…といった友人もいました。

十三歳の春、
それぞれの環境や想いを抱いての入学でした。

親父はそれから二十四年間、元気に生きてくれましたし、
ミーたちの側から見れば、孫達とも逢えているので、
完全ではないにせよ、納得のいく人生だったのではないでしょうか。

親父が倒れたのはちょうどクリスマス。
どんなお正月だったのか全く覚えていませんが、
母親方の叔母や祖母がとてもよくしてくれたことを覚えています。

幸い親父は戻ってくれましたが、
ミーの気持ちの中では、全くお正月どころではなかった…

将来の自分の行く末を考えたりしたことを後で恥じましたが、
当時仲良しだった友人も親父が闘病中で、
そのためではなかったにしろ、
ずいぶん一緒にいて、二人で色んな話をしました。

友人の親父は、
突発的な事態の急変であったミーの親父とは違い、
時を経ることが命の長さと直結していましたから、
本当に瞬間瞬間が大切だったんだな、と今にして思うのです。

自分のことばかり考えていて、
自分が恥ずかしくなったのは、
そんなことを重ねている友人家族をみたからかもしれません。